イベントの告知文などでよく使われる「drop in」の意味とは?

ジェガーさんが入院する前、3D アーティストでもあるジェガーさんの幼なじみが立ち上げたボードゲーム・レーベル『Ill Gotten Games』が歴史産業博物館(MOHAI: Museum of History and Industry)でイベントを行うと聞いて、ジェガーさんと遊びに行ってきました。

Tomorrow is MOHAI's Maker Days! Join us this month as Ill Gotten Games stops by to explore the technology of 3D printing…

Posted by Museum of History and Industry (MOHAI) on Friday, August 28, 2015

行く前にイベントの詳細ページを確認してみたところ、以下のように書かれていました。

Drop in any time between 11 am-2 pm; activities are designed for all ages and skill levels and no reservation is necessary!

via Maker Day: 3D Printed Game Pieces

ポイント

“drop in” は「ふらりと訪ねる」という意味です。

drop in | Wiktionary

  1. [idiomatic] To arrive unannounced or with little or no warning; also, to visit without an appointment.
  2. [surfing] To paddle into and take off on a wave another surfer is already riding.

(特に前もって連絡したりせずに到着する、という意味なんですね〜)

つまり詳細ページには「11時から2時までいつでも気軽に立ち寄ってください。アクティビティは全年齢対象でどのレベルの人でも参加できます。予約不要!」と書かれていたのでした。

補足

というわけでジェガーさんと私もふらりと立ち寄ってみたのですが、ジェガーさんの幼なじみたちがいっぱい手伝っていて、ちょっとした同窓会のようになっていました。

Ill Gotten Games 1

3D プリンターを使ってその場で次々に模型を作り出していきます。

Ill Gotten Games 2

そしてその模型をちびっこたちが自由にペイントして持って帰られるようになっていました。

Ill Gotten Games 3

私たちが行ったのはイベント終了近くだったのですが、まだまだちびっこで大盛り上がり。

Ill Gotten Games 4

みんな器用にペイントしています。

Ill Gotten Games 5

ジェガーさんと私もせっかくなので、子どもたちに混ざりこんでペイントしてみたところ、子どもたちと同レベルの作品が生まれて大笑い。

Ill Gotten Games 7

でもこうやって実際にペイントすると、3D 模型をまじまじと観察するきっかけにもなったりして、3D プリンターの面白さを再確認できました。本当 3D プリンターって不思議です。

現在は最新ボードゲームのファンディング中とのことで、ぜひ応援したいです!

http://www.illgottengames.net/new-events/2015/8/29/wayfarer-tactics-kickstarter-is-live

Posted by Ill Gotten Games on Monday, August 31, 2015