第67回エミー賞のオープニングで耳にした「diversity」「diverse」の意味とは?

9月になると徐々に賞レースが始まりますが、その皮切りとして9月20日にエミー賞(The 67th Annual Academy Awards)が開催されました。そのオープニング・モノローグを見ていると、”diversity” あるいは “diverse” という単語が何度か出てきました。

But the big story this year, of course, is diversity. This is the most diverse group of nominees in Emmy history. (2:33)

ポイント

“diversity” は「多様性」、そして “diverse” は「多様な」という意味です。

diversity | Macmillan Dictionary

diversity: the fact that very different people or things exist within a group or place

(集団や場所の中にさまざまな異なる人々や物が混在している様子なんですね。)

diverse | Macmillan Dictionary

  1. very different from each other
  2. including people from many different cultures or races

(2. のように人に使われると、異なる文化や人種の人を含んで「多様な」という意味になります。)

つまり司会を務めた俳優・コメンディアンのアンディ・サンバーグ(Andy Samberg)さんは、「でも今年の大きな話題はもちろん多様性でしょう。今回は歴代エミー賞で、最もノミネートされた方々の人種が幅広いです」と言っていたのでした。

人種問題に関しては近年アメリカで大きな問題の一つになっていて、”diversity” “diverse” は本当によく耳にします!

補足

というわけでエミー賞の生放送は私は見逃したのですが、ハイライトを観ていると、ドラマ部門で主演女優賞を受賞したヴィオラ・デイヴィス(@violadavis)さんのスピーチに最も心を動かされました。

ヴィオラ・デイヴィスさんのスピーチは、奴隷解放運動家ハリエット・タブマン(Harriet Tubman)さんの1800年代の言葉の引用から始まりました。

In my mind, I see a line. And over that line, I see green fields and lovely flowers and beautiful white women with their arms stretched out to me, over that line. But I can’t seem to get there no how. I can’t seem to get over that line.

(心の中に、線が見えます。その線の向こうには、緑の野原と素敵な花、そして美しい白人女性たちが私の方に手を差し伸ばしているのが見えます。でも、私はどうしてもそちらには行けないように見えます。その線は私には越えられないように見えるのです。)

そして、次の名言につながります。

ヴィオラ・デイヴィスさんの今回のドラマ部門主演女優賞受賞は、アフリカ系アメリカ人初の快挙となりました。

もう一つの快挙は、Netflix や Amazon などの新興メディア。特に Amazon は今年、オリジナルドラマ『Transparent』がコメディ部門において主演男優賞や監督賞を含む5部門で受賞を果たしました。

Amazon は昨年は一つもノミネートされていなかったので、これを記念して米9月25日(金)午前12時〜午後11時59分の約24時間のみAmazon Prime のメンバーシップ費を通常の99ドルから67ドルに値下げするそうです!

Netflix や Amazon がこれだけ快進撃を続けている背景には、視聴者のライフスタイルの変化が挙げられています。Fortune 誌によると、若い世代ほどケーブルテレビ離れが進み、Netflix や Amazon に流れているそう。

And much like Netflix, Amazon approaches TV programming from a very different perspective than some traditional TV networks. For CBS or ABC or NBC, it might be enough to have a second or third-rate performer that helps support their Thursday-evening lineup, etc. But all Amazon cares about is hits, as studio head Roy Price described it earlier this year:

“We’re not really in the programming business. That show that would get you from 8:30 to 9 — a goodish show. That has no value to us if it’s not going to be (someone’s) favorite show. We are not in the solid outcome business.”

(Netflix も Amazon も、テレビ番組の捉え方が従来のテレビネットワークとは異なる。たとえば CBS や ABC、NBC なら、木曜夜の番組ラインナップには二流・三流の役者を起用したりするかもしれないが、Amazon が気にするのはその番組が当たるかどうかだけだ。Amazon Studios の代表を務めるロイ・プライス氏は今年初めにこう語っている:

「我々の場合は番組制作ビジネスではない。8時半から9時にかけて放映される番組はけっこうな番組だが、もしその番組が人に気に入られなければ、我々にとっては価値がないに等しい。我々の場合は、確実な結果が得られるビジネスではないのだ。」)

via Could Amazon dethrone HBO as king of the Emmys? – Fortune

確かに Netflix も Amazon も、視聴者が番組を観る時間を選ばないので、時間帯に縛られることはなさそうです。その分クオリティにこだわるのかもしれません。

この勢いに乗じて、Amazon はすでに6つの新しいドラマのパイロット放映を決定。

快進撃はまだまだ続きそうな予感です。