話題のホラー映画『It Follows』に関する記事で目にした「deliberate」の意味とは?

昨日『イギリスのドキュメンタリー番組『7 Up』で耳にした「glimpse」の意味とは?』という記事で、「映画で好きなジャンルはドキュメンタリー系とスリラー」と書きましたが、念のために明確にしておくと、私はスリラーは好きでもホラーは好きではありません。

それなのに今、ジェガーさんにホラー映画に誘われています。

「話題になってる『It Follows』っていう映画が観たいねん」
「どんな映画?」
「ホラー」
「え、無理」
「でもめっちゃ評判ええんやで」
「無理無理」

するとジェガーさんがワイアード誌(@wired)の記事を見せてきました。タイトルは『What Makes the New Horror Film It Follows So Damn Good(何が新作ホラー映画『It Follows』をアホほど良くしたのか)』。

知らんがな、と言いたいところでしたが、なんか気になるタイトルです。思わず読み進めてみると、”deliberate” という単語が数回出てきました。

It walks right towards you on a deliberate, direct path until It finally has you.

via What Makes the New Horror Film It Follows So Damn Good | WIRED

Everything was about being very specific and very clear and very deliberate.

via What Makes the New Horror Film It Follows So Damn Good | WIRED

ポイント

“deliberate” には2つ意味があります。

deliberate | Macmillan Dictionary

  1. intended, not done by chance or by accident
  2. slow and careful

(「偶然ではなく故意に」という意味と、「ゆっくりと慎重に」という意味があるんですね!)

つまり一文目は 2. の意味で「”It” はゆっくりと慎重に、まっすぐとした足取りで、捉えるまで向かってくる」、そして2文目は 1. の意味で「何もかもがとても具体的で、とても明確で、とても意図的でした」と書かれていたのでした。

補足

というわけで、新作ホラー映画『It Follows』をアホほど良くした要素は、3つあります。

  1. デヴィッド・ロバート・ミッチェル(David Robert Mitchell)(監督・脚本)
  2. デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督は、新進気鋭の映画監督。2010年に『アメリカン・スリープオーバー(The Myth of the American Sleepover)』で長編映画デビューを果たし、本作が長編2作目となります。

    『It Follows』の脚本は2011年から執筆し始めたそうですが、9〜10歳の頃に何度も見た悪夢が元になっているそう。

    Mitchell is clearly a horror fanboy, and It Follows serves as both an homage to films that inspired him, and a continuation of their tradition of favoring simmering tension over constant spikes of stimulation.

    (ミッチェルは明らかにホラー映画ファンで、『It Follows』は彼に影響を与えた作品に対するオマージュであり、連続する刺激を通して緊張状態を生み出す伝統的手法の継承でもある。)

    via What Makes the New Horror Film It Follows So Damn Good | WIRED

    ミッチェル監督の最も好きなホラー映画は、ジョージ・A・ロメロ(George A. Romero)監督作『ゾンビ(Dawn of the Dead)』(1978)。

    The road map for It Follows is clear, but the path Mitchell takes to reach his goal still feels fresh and unique.

    (『It Follows』制作に至る道筋は明らかだが、ミッチェルのアプローチはやはり新鮮でユニークだ。)

    via What Makes the New Horror Film It Follows So Damn Good | WIRED

  3. マイカ・モンロー(主演)
  4. 主演の女の子は、今最も注目されている若手女優の一人。

    Monroe had a quietly spectacular 2014. Follows premiered to broad acclaim in May, then in September her second genre picture of the year, The Guest (directed by Adam Wingard), garnered huge critical praise even if it only got a narrow theatrical release.

    (2014年はモンローにとって目覚ましい年だった。『It Follows』が5月に〔カンヌ映画祭で〕初上映されて高評価を受け、9月には『The Guest』(アダム・ウィンガード監督作)が限られた一般公開にも関わらず批評家から多大な称賛を受けた。)

    via What Makes the New Horror Film It Follows So Damn Good | WIRED

    Monroe has a haunting, soft beauty on screen. She looks like the third Fanning sister and feels like she could be seamlessly swapped into any role played by Elizabeth Olsen.

    (スクリーンに映るモンローには、脳裏に残るような、柔らかい美しさがある。3人目のファニング姉妹のようで、エリザベス・オルソンのどの役にも置き換えられるようにも感じられる。)

    via What Makes the New Horror Film It Follows So Damn Good | WIRED

    モンローさんはこの後もさまざまな映画への出演が決定していて、ジェニファー・ガーナー(Jennifer Garner)さんやクロエ・グレース・モレッツ(@chloegmoretz)さんとの共演を控えているそうです。

  5. リッチ ・ ヴリーランド / ディザスターピース(音楽)
  6. そしてもう一つ、ホラー映画の重要な要素と言えば、音楽。

    If Mitchell is the brains behind Follows and Monroe is the beating heart, Vreeland is its nervous system, relaying the impulses that make your body spaz uncontrollably when the music crescendos and It appears on screen. It’s now-invaluable contribution that almost didn’t happen.

    (もしもミッチェルが『It Follows』の脳で、モンローが心臓だとすれば、ヴリーランドは神経系にあたるだろう。音楽が盛り上がり、”It” がスクリーンに現れる時、体に抑えられないほどの震えるような衝動を与えるのだ。)

    via What Makes the New Horror Film It Follows So Damn Good | WIRED

    ミッチェル監督のヴリーランドさんとの出会いは、『フェズ(Fez)』というゲーム。この音楽を担当したのがヴリーランドさんだったんですね!

    シンセサイザーを使うというと、ホラー映画の巨匠、ジョン・カーペンター(@thehorrormaster)さんあたりも思い浮かべますが、やはりミッチェル監督の好きなホラー映画のもう一本は『ハロウィン(Halloween)』(1978)だそうです。

というわけで、記事を読んだら確かに観たくなってきました。覚悟を決めたので、ジェガーさんと観に行って来ようと思います。が、すでに怖いです。

関連

その後、観て来ました!

日常会話でよく使われる「What’s the matter?」の意味とは? : ツカウエイゴ