書籍『エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢』の表紙で目にした「cutting-edge」の意味とは?

このブログでも度々紹介している SIJP(Seattle IT Japanese Professionals)の副会長を務める竜盛博さんが、この度『エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢 ~渡米・面接・転職・キャリアアップ・レイオフ対策までの実践ガイド』を上梓されました!


その表紙をよく見てみると、”Engineering Career Options in Cutting-Edge Software Companies” と表記されていました。

ポイント

“cutting-edge” は「最先端の」という意味です。

cutting-edge | Macmillan Dictionary

cutting-edge: extremely modern and advanced

(極端に現代的で発展した、という意味なんですね!)

というわけで本の表紙には英語で「最先端のソフトウェア会社におけるエンジニア職の選択肢」と表記されていたのでした。

補足

竜さんが現在務めていらっしゃるのは米マイクロソフト。シアトルに来られる前はシリコン・バレーにもいらっしゃって、さまざまな最先端企業でキャリアを積んで来られました。

私はソフトウェアエンジニアとして,サンフランシスコベイエリア(シリコンバレー)で10年以上,シアトルエリアで4年以上,働いた経験があります。その間に勤務した会社は5社,会社規模は従業員数十人のスタートアップから十万人以上の大企業までさまざまです。業種も,ソフトウェアと同じぐらいハードウェアが重要な測定器業界から,ソフトウェアが本業のWeb業界まで,気がついたら非常に多岐にわたるものになっていました。

via エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢 ~渡米・面接・転職・キャリアアップ・レイオフ対策までの実践ガイド:書籍案内|技術評論社

その経験を元に昨年9月、SIJP 主催の『ソフトウェアエンジニアのための就職・転職講座』で講師を務められたのですが、それがきっかけとなって今回の出版に至ったそうです。

本は10月8日に一般書店および Amazon にて一般発売予定ですが、すでに一部の書店では先行販売が始まっています。

その他:

  • 紀伊國屋書店新宿南店
  • 書泉ブックタワー
  • 三省堂神田神保町本店
  • 有隣堂ヨドバシAKIBA店
  • 丸善丸の内本店
  • 八重洲ブックセンター本店

書評もすでに登場。

ウェアラブルディスプレイ Vufine の創業者&CEO、高坂悟郎さんより書評をいただきました。https://www.facebook.com/goro.kosaka/posts/10207713769342876Vufine のページはこちらです。 http://vufine.com/

Posted by エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢 on Saturday, October 3, 2015

慶応大学教授の増井俊之さんに、ご自身のサイト hondana.org にてご紹介いただきました。http://hondana.org/%E5%A2%97%E4%BA%95/4774176567「米国で長年ITエンジニアとして働き、 …

Posted by エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢 on Sunday, October 4, 2015

私もありがたいことに竜さんからご献本いただき、今さっそく Kindle 版を読んでいるのですが、面白くてぐいぐい読み進んでいます。

私の感想については今週のシタシムエイゴでご紹介したいと思います!

SNS

ジェガーママがこんな写真をアップしていました。スターバックスのお膝元であるシアトルで、めっちゃけんか売ってます。

Posted by ツカウエイゴ on Monday, October 5, 2015