ミシュラン1つ星を初めて獲得したラーメン店『蔦』の記事で目にした「coveted」の意味とは?

先日発表された『ミシュランガイド東京 2016』で、ラーメン店として初めて一つ星を獲得した『』。海外でも話題になっていたのでいくつか記事を読んでみたところ、”coveted” という単語を何度か目にしました。

I arrived 90 minutes before it opened and found myself 18th in line for one of its coveted nine seats.

via Use your noodle: Tokyo’s ramen fans say Michelin star has been long overdue | World news | The Guardian

But a tiny Tokyo noodle spot—where bowls of the good stuff are priced as low as US $7—just became the first ramen place to ever get a coveted Michelin star.

via This Is the World’s First Michelin-Starred Ramen | MUNCHIES

ポイント

“coveted” は「誰もが欲しがる」という意味です。

coveted | Cambridge Dictionaries (American English)

coveted: strongly ​desired by many

(多くの人に強く望まれる、という意味なんですね!”covet” で「切望する」となります。)

つまり前半は「私は開店時間の90分前に到着したが、それでも誰もが待ち望む9席にかけた列の18番目だった」、そして後半は「しかし、1杯最低7ドルから味わえる小さな東京のラーメン店が、誰もが望むミシュラン1つ星をラーメン店として初めて手に入れた」と書かれていたのでした。

補足

というわけで、英ガーディアン紙の記事が特に具体的だったので、詳しく読んでみたいと思います。

記事は、巣鴨にあるラーメン店『蔦』がミシュラン1つ星を獲得して初めて迎える営業日を取材しています。

There were gasps when the middle-aged man at the front was overhead saying he had been waiting since 6.30 am. By the time the first group of diners was seated, well over 100 people – most of them solitary diners – had formed a line stretching around the block.

(先頭に並ぶ中年男性が午前6時半から並んでいると言っているのを聞いた時にはため息がもれた。最初のグループが席に着く頃には、軽く100人以上〔ほぼ一人客〕が角に沿って列を作っていた。)

via Use your noodle: Tokyo’s ramen fans say Michelin star has been long overdue | World news | The Guardian

記者が注文したのは、『蔦』を代表するメニューの一つ「焼豚醤油そば」。麺は4種類の小麦を石臼でひいていて、出汁は鶏肉と魚介類ベースだそうです。

The long wait had been worth it. The noodles, though spindle thin, had plenty of bite. The broth was light, and with just enough saltiness to make every gulp a guilty pleasure, but without the raging afternoon thirst that often accompanies a ramen lunch. The pork couldn’t have been more succulent if had been carved from a well tended Sunday roast. All that, and for just ¥1,150.

(長時間待った甲斐はあった。細長い麺は、食べごたえがある。スープは口当たりが軽く、塩加減がちょうど良くて、飲み干す時に後ろめたい喜びを感じつつも、ラーメンを食べた後に感じる喉の渇きはない。豚肉は、まるで日曜日にきちんと時間をかけて作られたローストから削がれたかのように、この上なくぷりぷりしている。これで、たった1150円である。)

via Use your noodle: Tokyo’s ramen fans say Michelin star has been long overdue | World news | The Guardian

ミシュランガイドには、星はつかないけれども5千円以下で上質な料理が堪能できる店を評価する「ビブ・グルマン(Bib Gourmand)」というカテゴリがあります。今年「ビブ・グルマン」に選ばれたラーメン店は全部で27店。

『蔦』も昨年の「ビブ・グルマン」から1つ星に格上げされた形になりますが、ミシュランガイドの発表前から『蔦』を高く評価していたジャパン・タイムズ紙のフードライター、ロビー・スウィナトン(@tokyofoodfile)さんによると、今後1つ星を獲得するラーメン店はさらに増える見込みとのこと。

“There’s no reason why other ramen shops shouldn’t win stars too,” he said. “There are other ramen artisans who are even more inventive and focused on quality. But few have quite the same presence and style as Tsuta.”

(「他のラーメン店でも星は十分に狙える」と彼は語る。「蔦よりもさらに独創的で、質にこだわったラーメン職人は他にもいる。ただ、蔦ほどの存在感と流儀を備えた店はほとんどない。」)

via Use your noodle: Tokyo’s ramen fans say Michelin star has been long overdue | World news | The Guardian

私はこの『蔦』のニュースをジェガーさん経由で知ったのですが、ジェガーさんも『蔦』に相当興味を示しているので、次東京に行く機会があったら2人とも行ってみたくてたまりません。

ただ、ジェガーさんは待つのが大の苦手。果たして辛抱強く列に並べるのでしょうか・・・