アメリカで1930年代に起こった砂嵐「ダストボウル」の記事で目にした「compound」の意味とは?

昨日『映画『インターステラー』の特集映像で耳にした「equation」の意味とは?』という記事で、映画のことを物理的視点から書きましたが、『インターステラー』については歴史的視点からも一つ触れておきたいことがあります。

映画の舞台は、滅びつつある地球。でも、どうして地球がそのような状態になったのかは、映画ではまともに説明されません。一方、ジェガーさんと私が気になったのは、過去を振り返る人々のインタビューがやたら現実味を帯びていたこと。後で調べてみると、なんとそのインタビュー映像、本物でした。

『インターステラー』には、ケン・バーンズ(@kenburns)監督の2012年のドキュメンタリー作品『ダストボウル(The Dust Bowl)』(2012年)の映像の一部が使われています。

さっそくダストボウルについていろいろ調べてみたところ、2012年のTIME 誌(@TIME)の記事『Why the New Ken Burns Documentary on the Dust Bowl Has Lessons to Teach Us | TIME.com(ダストボウルに関するケン・バーンズの新作ドキュメンタリーから私たちが学ぶべきこと)』が興味深かったので、読んでみました。

すると “compound” という単語が2度出てきました。

Compounding the problem were the so-called suitcase farmers, from Denver and elsewhere, absentee landowners who plowed massive swathes of prairie sod. In these ways, millions and millions of acres of soil were rendered naked.

via Why the New Ken Burns Documentary on the Dust Bowl Has Lessons to Teach Us | TIME.com

“In The Dust Bowl, we can see for ourselves what happens when bad weather is compounded by man-made mistakes.

via Why the New Ken Burns Documentary on the Dust Bowl Has Lessons to Teach Us | TIME.com

ポイント

“compound” はこの場合、「悪化させる」という意味で使われています。

compound | Macmillan Dictionary

  1. to pay interest both on an amount of money as well as on the interest that has been added to it
  2. to make a problem or difficult situation worse
  3. to mix two or more substances together in order to make a new substance or product

(もともと「複合させる」という意味から、問題などに使われると、問題と問題が複合して「悪化する」となるみたいです。)

つまり一文目は、「問題をさらに悪化させたのは、いわゆるスーツケース・ファーマーと呼ばれる人たちだ。デンバーやあらゆる地域の不在地主で、プレイリーの土壌の広範囲を耕した。それによって、何百万エーカーの土地がむきだしとなった」、そして2文目は「『The Dust Bowl』では、悪天候が人間の過ちによって悪化するとどうなるかを目の当たりにすることができる」と書かれていたのでした。

補足

というわけで、詳しく見ていきたいと思います。

2012 saw one of the biggest and most severe droughts in American history, with the Corn Belt in particular gripped by withering heat and aridity. Yields of corn and soybeans—the staple crops of the U.S. food system—shriveled, leading to higher food prices and a hit to the U.S. economy that could be as much as 1% of GDP.

(アメリカでは2012年、植物をしおれさせるような暑さと乾燥にコーンベルトがやられるなど、歴史上最も大きく深刻な干ばつが見られた。アメリカの食体系において必要不可欠であるコーンや大豆の収穫高は減少し、高騰した食品価格はアメリカの GDP の1%に相当するほどの打撃を与えた。)

via Why the New Ken Burns Documentary on the Dust Bowl Has Lessons to Teach Us | TIME.com

私は2012年にアメリカで大きな干ばつがあったことを全然覚えていないのですが、そのタイミングに合わせてケン・バーンズ監督の『ダストボウル』が当時2夜連続で PBS で放映されたようです。

But while the 2012 drought may have been the worst in a half-century, it has nothing on the great Dust Bowl of the 1930s. That decade-long drought—exacerbated by poor farming techniques that left topsoil crumbling in the wind—changed the face of the U.S. and led to massive migrations out of farming states in the Midwest. As the master filmmaker Ken Burns shows in his new documentary The Dust Bowl—airing on PBS Sunday night and Monday night—it’s a man-made disaster that still has lessons for us today. (The 4-hour documentary will also be available as a DVD-check it out here.) “The Dust Bowl has never gotten the attention it deserves,” says Burns. “But we can see today with this year’s drought, or with climate change, that we can affect the environment, whether we want to acknowledge it or not.”

(たとえ2012年の干ばつが過去50年間で最悪のものだったとしても、1930年代のダストボウルにはかなわない。粗末な農作技術のために表土が風で崩れて悪化し、10年にもわたって続いた干ばつは、アメリカの状況を変え、中西部に広がる農業中心の州で大規模な移住が起こった。名監督であるケン・バーンズが新作ドキュメンタリー『The Dust Bowl』〔PBS で日曜夜と月曜夜に放送予定〕で示すように、これは人類が引き起こした災害であり、私たちが学ぶべき教訓がある。〔ドキュメンタリーは4時間で、DVD でも視聴可。こちらから要チェック。〕「ダストボウルは、これまで全く注目されてきませんでした」とバーンズは語る。「でも今年の干ばつや気候変動によって、私たちは人類が環境に影響を与えうることを、認めるか認めないかは別として、目の当たりにしました。」)

via Why the New Ken Burns Documentary on the Dust Bowl Has Lessons to Teach Us | TIME.com

1930年代と言えば、大恐慌の頃です。やはり、大恐慌も影響していたようです。

What stands out is that while the 1930s certainly saw a number of severely dry years, the sheer scale of the Dust Bowl had much more to do with farmer’s practices than with the weather, as well as the financial catastrophe of the Depression, which reduced demand for crops—all after farmers had spent the previous decade and half plowing more and more land.

(1930年代は確かに深刻な乾燥が続いた年ではあったものの、ダストボウルは天候よりも、農民の慣習や大恐慌による財政破綻によるものが大きかったことが興味深い。農民たちが15年かけて耕作地を広げた後に、大恐慌のせいで収穫物の需要が減少したのだ。)

via Why the New Ken Burns Documentary on the Dust Bowl Has Lessons to Teach Us | TIME.com

その詳細は、コロラド州を拠点にするデンバー・ポスト(The Denver Post)の記事で説明されていました。

During World War I, farmers were called upon to produce more and more. Wheat will win the war, they were told. Plowing was patriotic and profitable and, with the aid of the new technology called tractors, prodigious. Wheat production in Colorado, mostly on dryland, unirrigated farms, tripled between 1913 and 1919, according to James F. Wickens in “Colorado in the Great Depression.” Population boomed. Prowers County, where Lamar is located, grew 1,400 percent between 1900 and 1930. Other counties in the dryland country of Colorado were close behind.

(第一次世界大戦の間、農民たちは生産量を高めるように呼びかけられた。麦こそが戦争を制する、と言われたのだ。耕作は愛国的で利益を生み、トラクターと呼ばれる最新技術のおかげもあって、強大だと。ジェームズ・F・ウィケンズ著『Colorado in the Great Depression』によると、乾燥地でかんがいされていない農地が広がるコロラドの小麦生産量は、1913年から1919年の間に3倍に増加。人工も爆発的に増加し、ラマー市のあるプロワーズ郡の人工は、1900年から1930年の間に1400%成長した。他郡もそれに近かったという。)

via The Dust Bowl: Dark, dirty times – The Denver Post

想像を絶する変化です。その後作物の需要が落ち込み、価格が下落すると、農民たちは損失を補うためにさらに耕作を進めました。「スーツケース・ファーマー」と呼ばれる不在地主たちも現れ、最終的にグレート・プレーンズ南部で被害を受けた人口の25%が土地を離れる事態に。ダストボウル前はアメリカ人の50%が田舎に住んでいましたが、現在は17%にまで減っています。

一方で、農業の方法はダストボウルをきっかけに見直されました。

Thankfully, the Dust Bowl also led to changes in how Americans farm, with more emphasis put on soil conservation that has been able to prevent the sort of ceaseless erosion that ruined whole states. The 2012 drought is actually a sign of just how resilient American agriculture has become. Despite one of the driest growing periods in decades, American farmers will actually produce far more corn and other crops this year than they did in a good year as recently as the 1980s. And farm incomes—thanks largely to government-subsidizes crop insurance—could actually hit a record high this year. Unlike during the Dust Bowl, the 2012 drought won’t see massive numbers of farmers driven off their land—though with only 2% of Americans now working in agriculture, there aren’t many farmers left to be driven off.

(良かったのは、ダストボウルによってアメリカ人の農法が変化したことだ。土壌保全が重視されるようになり、国土全体を損なうような絶え間ない土壌の浸食を防ぐことができるようになった。2012年の干ばつは、立ち直ったアメリカ農業の成果を示しているとも言える。今年はここ数十年で最も乾燥しているにも関わらず、コーンや他の作物の生産量が1980年代の豊作の年を上回ると見込まれている。また、政府援助による農作物保険のおかげもあり、農業収入は今年最高を記録。ダストボウルの頃とは違い、2012年の干ばつで大勢の農民が土地を離れることはないだろう。とはいっても、アメリカの農業人口は現在2%で、土地を離れる農民もそれほどいないが。)

via Why the New Ken Burns Documentary on the Dust Bowl Has Lessons to Teach Us | TIME.com

『インターステラー』に『ダストボウル(The Dust Bowl)』の映像の一部を取り入れることを提案したのはクリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督だそうなので、おそらく彼もこのドキュメンタリー映画を観たに違いありません。

マシュー・マコノヒー一家が住む農業地帯でも、まさにこのダストボウルに近い現象が起こっていて、以下の予告編でも人々がマスクなどで顔を覆っている姿が映っています。

そこから舞台の背景を想像するに、ダストボウルのような現象が世界中で起こって地球に住めなくなったのではないかと考えられますが、それがアメリカの過去の歴史に基づいていると知ると、さらにリアリティが感じられます。

関連

映画『インターステラー』の特集映像で耳にした「equation」の意味とは? | ツカウエイゴ