シアトルで起こった衝突事故のニュースで耳にした「collide」「collision」の意味とは?

先週、私のいるシアトルでショッキングな事故がありました。ニュースを観ていると、”collide” “collision” という単語を何度も耳にしました。

下の動画でも “collide” と “collision” が両方出てきています。

That horrific accident on a major bridge in Seattle–a bus full of college students colliding with a tourist duck boat. (0:03)

Four students are dead, nearly fifty people taken to the hospital after this collision on a downtown Seattle bridge. (0:33)

ポイント

“collide” は「衝突する」、”collision” は「衝突」という意味です。

collide | Longman Dictionary

  1. to hit something or someone that is moving in a different direction from you
  2. to disagree strongly with a person or group, especially on a particular subject
  3. if two very different ideas, ways of thinking etc collide, they come together and produce an interesting result

(2. や 3. のように、意見や考え方の衝突に使われたりもします。2. の例文は “The President has again collided with Congress over his budget plans.〔大統領は予算案で議会と再び衝突した〕” となっていました!)

collision | Cambridge Dictionaries (American English)

  1. an ​accident that ​happens when two ​vehicles ​hit each other with ​force
  2. a ​strong ​disagreement

つまり一文目は「シアトルの主要な橋で起こったこの事故 — カレッジ生でいっぱいのバスが観光用のダックボートと衝突しました」、そして二文目は「ダウンタウン・シアトルの橋で起こったこの衝突で、4人が死亡、50人近くが病院に運ばれました」と言われていたのでした。

補足

この事故で亡くなった5名の犠牲者(当初は4名と報道されていましたが、その後5名に修正されました)は全て、新学期が始まる前のオリエンテーションのアクティビティ中だった、近くのコミュニティ・カレッジの留学生たちでした。邦人も1名含まれていたため、日本でもニュースになったようです。

在シアトル日本総領事館によると、このほか留学生と観光客の日本人4人が入院したが、命に別条はないもよう。
 バスには留学生ら約45人が乗っており、うち8人前後が日本人だった。28日から授業が始まるのを前にオリエンテーションに参加していた。
 事故は24日に発生。サトウさんら留学生4人が死亡し、51人が負傷した。

via 死亡邦人は36歳女性=米シアトルのバス事故 (時事通信) – Yahoo!ニュース

事故を引き起こしたのは『Ride the Duck』と呼ばれる観光用の水陸両用車。

So much to see out on Lake Union! What’s your favorite tour sight?

Posted by Ride the Ducks of Seattle on Wednesday, September 23, 2015

車両の形がとても特徴的ですが、この水陸両用車はもともと第二次世界大戦中に使用されていた米軍の上陸用舟艇(landing craft)だったりします。

On this day 71 years ago, our DUKW vehicles were used during the Invasion of Normandy. You can read more about their history here: http://bit.ly/1Gp84Cz

Posted by Ride the Ducks of Seattle on Saturday, June 6, 2015

最初に使われたのはイタリアのシチリア戦で、応急物資を運び入れたり、負傷兵たちを運び出したりする任務を負っていたそうです。その後もサレルノ戦、ライン川への進軍、ニューギニアやブーガンビル、フィリピン、マニラ、硫黄島、沖縄への上陸などで使われ、朝鮮戦争でまた復活。最終的に1960年代まで米軍で使用された後リタイアとなり、現在は観光用に使われているほか、警察や消防などの機関でも役立てられています。

Seattle - Fremont Bridge - Ride the Ducks.jpg

( “Seattle – Fremont Bridge – Ride the Ducks” by Joe Mabel. Licensed under Wikimedia Commons.)

公式サイトには “safety is always our #1 concern and we take it very seriously(安全性は私たちにとって常に第一で、真剣に向き合っています)” と書かれていましたが、地元シアトル・タイムズ紙によると、実際にはきちんとメンテナンスを行っていなかった模様。

しかし、今回事故を起こした車両とは別のモデルの車両は、早ければ1ヶ月以内に復活する見通しのようです。

この『Ride the Duck』は、私はまだ一度も乗ったことがありませんが、観光シーズンになると常に満席で、「キャプテン」と呼ばれるエンタメ精神あふれる運転手が観客を盛り上げている姿はよく目にしていました。

Hey, look over there! It’s 80 degree temperatures coming at us this weekend! #seattlesummer

Posted by Ride the Ducks of Seattle on Saturday, June 6, 2015

一度乗ってみるのも良いかなとは思っていましたが、やっぱりちょっと遠慮したいと思います。