エドガー・ライト史上最高傑作のアクション映画『ベイビードライバー』

エドガー・ライト監督と言えば、ちょっとマニアックで下世話な作品のイメージが強く、正直今まであまり好きではなかったのですが、最新作の映画『ベイビードライバーBaby Driver)』(日本は8月19日公開予定)を観てイメージが一新!

カッコよすぎて痺れたので、以下痺れたポイントをシェアしたいと思います。

 

映画全体がまるでミュージックビデオ

 

ベイビードライバー』の主役は、ベイビーフェイスの逃し屋ドライバー、その名も "ベイビー"。天才的ドライビング・センスを持つ彼は、一見普通の青年ですが、強盗犯たちを車で逃す特殊な仕事を請け負っています。

"ベイビー" は常に音楽を聴いていて、オープニングも彼が車の中で音楽を聴くところから始まるのですが、リズムに合わせて役者たちが動くのが実に軽快。と思ったら、なんと、アクションシーンも音楽のリズムに合わせて進んでいきます!まるでシーン全体がミュージックビデオのよう。

実はこのシーン、エドガー・ライト監督が2003年に手がけたミント・ロワイヤルのミュージック・ビデオ『Blue Song』のオマージュとなっています。

GQ のインタビューによると、もともと『ベイビードライバー』のアイデアが先にあったそうですが、『Blue Song』のミュージック・ビデオを制作するに当たってどうしてもいい考えが思い浮かばず、映画の案を使ったそう。

I was doing that music video, which was like 15 years ago now, and I used my idea for Baby Driver for that video in a moment of panic because I hadn’t got any other ideas [laughs].
Edgar Wright Nearly Blew His Idea for 'Baby Driver' on a 2002 Music Video | GQ

15年以上かかって、ようやくアイデアが映画として実現したんですね!

 

アクションと音楽が完全に一体化

 

音楽が重要な役割を果たしている映画はたくさんありますが、音楽がアクションと一体化した映画はほとんどありません。以下の映像によると、『ベイビードライバー』は脚本自体が音楽をベースに作られていて、役者はもちろん、銃撃戦やカーチェイスの動きなども完璧に音楽に合わせて撮られたそうです。もやはミュージカル・アクション映画。

以下の予告編の『TeKillYah』バージョンも、映画の雰囲気をよく伝えています。

ストーリー自体は後半がけっこうハチャメチャで、ツッコミどころもありましたが、音楽と映画の相性が良すぎて、映画を観た後サウンドトラックを速攻ダウンロードしてしまいました。

 

演技派役者揃い

 

主役の "ベイビー" を演じているのは、人気急上昇中のアンセル・エルゴートさん。"DJ アンソロ" としても活躍しているだけあって、リズム感が抜群で、観ていて気持ちがいいです。エドガー・ライトさんも、アンセルさん自身が音楽アーティストである点を高く評価して抜擢したそう。 

He makes music, plays music, that element really factored into the movie and the decision. The character’s always supposed to have these musical obsessions. That was perfect.
Edgar Wright Nearly Blew His Idea for 'Baby Driver' on a 2002 Music Video | GQ

"Baby" のボスを演じるケヴィン・スペイシーさんとチンピラ役のジェイミー・フォックスさんもハマり役で、タイプは違えど、どちらも何をしでかすか分からない雰囲気がめちゃ怖かったです。

主人公の聴く音楽に合わせて世界が動くという、めちゃくちゃ斬新なこの映画。もう1回観たらもっと楽しめそうです!

 

エドガー・ライト監督の過去の作品

 
 
 
 
 
RSS