iWatch に関するツイートに書かれていた「10 days away」の意味とは?

先週『iPhone 6 発売について書かれた記事で目にした「salivate」の意味とは?』という記事を書きましたが、どうやら iPhone 6 の発表と合わせて iWatch なる商品の発表も期待されているようです。


ちょっと前の ForbesLife のツイートに、”The Apple iWatch could be just 10 days away.” と書かれていたのが気になりました。

ポイント

“away” には「離れた」という意味がありますが、物理的距離だけでなく時間にも使えます。

away | Longman Dictionary

  1. used to say that someone leaves a place or person, or stays some distance from a place or person
  2. towards a different direction
  3. if someone is away from school, work, or home, they are not there
  4. used to say how far it is to a place or thing
  5. if an event is two days, three weeks etc away, it will happen after that period of time has passed
  6. used to say how close someone is to achieving something or experiencing something
  7. into or in a safe or enclosed place
  8. used to show that something disappears or is removed
  9. used to emphasize that an action continues
  10. used to say that someone spends the whole of a period of time doing something
  11. if a team is playing away, it is playing a game at its opponent’s field or sports hall

(”away” はいろんな場面で使われるので、元リンクの例文も要チェックです!)

つまりツイートには、「アップルの iWatch、10日後に登場か」と書かれていたのでした。

補足

この iWatch という製品に関しては、憶測が飛ぶばかりで、詳しいことはあまり明らかになっていません。iWatch のデザインも、各社イメージがバラバラ。


私は iPhone 6 を欲しいと思っていましたが、よく「電話どこいってん」となるので、iPhone のベーシックな機能がだいたい使えるのなら、いつでも手にくっついている iWatch もけっこう魅力的です。

ビデオでもいろいろなコンセプトが打ち出されています。



3番目の iWatch の発想はさすがに行き過ぎやろと思ったら、発売予定が2019年になっていました。2020年代になったら、バーチャルスクリーンを手で動かすタイプの技術も、映画だけの話ではなくなってくるのかもしれません。

いろいろなパターンの妄想を見ていたら、9月9日に発表予定の iWatch が実際どんな姿で現れるのか、楽しみになってきました。

追記

(9.16.2014)

その後、商品名は “iWatch” ではなく “Apple Watch” と発表されました!