今年もサンディエゴ・コミコン開催!の動画で耳にした「striking」の意味とは?

今からちょうど一年前に『現在開催中のサンディエゴ・コミコンで撮影されたナイスなコスプレ画像15選』という記事を書きましたが、今年もコミコン(Comic-Con International: San Diego)が行われました。



そこで今年はコスプレを紹介する動画を観てみたところ、ナレーターがコスプレイヤー3人組に “You do all bear a striking resemblance to the people that you’re cosplaying.”(0:37)と言っていました。

ポイント

“striking” は、ここでは「印象的で目立つ」という意味で使われています。

striking | Longman Dictionary

  1. unusual or interesting enough to be easily noticed
  2. attractive in an unusual way that is easy to notice
  3. not working because of being on strike

(2.のように、「(目に留まるくらい)魅力的な」という意味で使われることもあります。)

つまりナレーターは、「皆さんコスプレの対象にものすごく似てますね」と言っていたのでした。特に『マイティ・ソー(Thor)』に出てくるロキさん、そっくりです。

補足

コスプレイヤーの中には、空港からコスプレで移動していた人もいたようです。ちょっとシュールです。


近未来感のあるカーシェアリング・サービス Car2Go の車も、ストーム・トルーパー(Storm trooper)とうまくマッチ。


でも、コミコンはコスプレだけではありません。今年のコミコンでも、いろんな発表がありました。まずは、来年公開の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(The Avengers: Age of Ultron)』の出演メンバーが結集。


2016年公開予定の『Batman V Superman: Dawn Of Justice(邦題未定)』 のザック・スナイダー(ZackSnyder)監督も、同作に登場すると言われているワンダーウーマンを初公開しました。


コミコンのパネル・ディスカッションには、スーパーマンを演じるヘンリー・カヴィル(Henry Cavill )さんとバットマンを演じることで話題になったベン・アフレック(Ben Affleck @BenAffleck)さん、ワンダーウーマンを演じるガル・ガドット(Gal Gadot @GalGadot)さんが登場。


ベン・アフレックさんが着用するバットマンの衣装も公開されました。

ちょっと前に『映画『キングコング』(1933)の解説映像で耳にした「daredevil」の意味とは?』という記事を書きましたが、『キングコング(King Kong)』もリメイク決定だそうです。


そしてクリストファー・ノーラン好きとしては見逃せない、11月7日公開予定の新作『インターステラーInterstellar)』(日本は11月22日公開予定)の予告編も公開。

バットマン・シリーズを監督した時はコミコン参加を断り続けていたクリストファー・ノーラン監督自身も、マシュー・マコノヒー(Matthew McConaughey)さんと一緒に今年初めてコミコンに登場しました。


正直、『インターステラー』がコミックと関係あるのかは謎ですが・・・私はもう予告編が観られただけで十分です。

この映画は米理論物理学者キップ・ソーン(Kip Thorne)氏の理論がベースになっていると言われていて、Buzzfeed の記事『Christopher Nolan Debuts Epic, Emotional Trailer For “Interstellar”』によると、『2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)』(1968)の影響も大きく受けているそう。

これを聞いただけで、私はもう楽しみで仕方ありません。

他にも大物有名人がたくさん参加していて、いろいろな発表があった模様ですが、残念ながらジェガーさんは専ら『Batman V Superman: Dawn Of Justice』、私は専ら『インターステラー』にしか興味が向いていないため、リンクだけご紹介します。

興味が偏っていてすみません。